J2北九州「ビッグフラッグ」をネット募金 目標の倍額500万円超す

西日本新聞 米村 勇飛

 サッカーJ2ギラヴァンツ北九州は、ホーム戦でゴール裏に掲げる横断幕「ビッグフラッグ」の制作費を、クラウドファンディング(CF)で15日から募り、わずか2日間で目標額の250万円に到達し、24日時点で500万円を超えた。クラブの担当者は「全く想定外の事態。支援の気持ちがただただうれしい」と感謝している。寄付は8月31日まで。

 ビッグフラッグの制作はクラブのJリーグ参入10周年記念企画の一環。縦12メートル、横72メートルで、クラブのロゴや北九州の名所に「この北九州(まち)とともに」の言葉を添える。寄付者(希望者)の顔写真を使ったモザイクアートも取り入れる。

 1口3千~50万円で、寄付額に応じて限定Tシャツや、全選手のサインが入ったユニホームなどの特典がある。個人、法人ともに申し込み可能。目標額を超えた分はクラブ運営費に充てる。詳細はCFサイト「READYFOR」の特設ページで。 (米村勇飛)

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング