ソフトバンク内川が2軍戦で打率4割超え「自分の形に」

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ オリックス7-11ソフトバンク(24日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

 4番一塁で先発した内川が2安打2打点をマークした。

 初回に右犠飛、2回に右前打を放ち、4回1死一、二塁では左腕海田の外角直球を右前適時打とした。ウエスタン11試合で26打数12安打7打点の打率4割6分2厘。「狙った所に打ててますし、しっかりと自分の形にはまりつつあります。表現は何とも難しいんですが、試合の中で自分のいい感触を残したいですから」と納得顔だ。バレンティンの状態が悪いだけに、存在がクローズアップされそうだが「自分がコントロールできることではない」。“その時”へ向け、己の感覚を研ぎ澄ましている真っ最中のようだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ