ソフトバンク周東が走攻守で存在感「盗塁はやっと一つ」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1日本ハム(24日、ペイペイドーム)

 9番二塁で先発した周東が走攻守で存在感を発揮した。

 3回に先頭で右前打を放つと、今宮への2球目にスタート。二塁を陥れ今季初盗塁をマークし、この回の逆転劇の起点になった。7回の中前打も含め今季3度目のマルチ安打を記録し、「盗塁はやっと一つ成功できて正直ホッとしている。打つ方も2本出てよかった」と胸をなで下ろした。守っては5回1死から俊足西川のボテボテのゴロを猛ダッシュして捕球し、倒れ込みながら送球。間一髪のタイミングで一度はセーフと判定されたが、リクエストによってアウトに。先発東浜を助ける好プレーとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ