1つの悪送球からまさか…ソフトバンク6点リードから悪夢の逆転負け

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-9日本ハム(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが終盤の7回に1イニング6失点。まさかの逆転負けを喫した。

 前日24日に右足に自打球を当てたバレンティンは欠場。それでも打線は初回、5番栗原の2戦連発となるグランドスラムで先制。日本ハム先発・村田を1回限りで降板に追い込み、2回も今宮の適時二塁打、中村晃の適時三塁打で6点リードとした。

 先発・石川は4回まで被安打1の好投も、5回に宇佐美の2ラン、6回に杉谷のソロを許し6回3失点で降板。7回に高橋礼が無死一、二塁とされると、宇佐美の一ゴロから併殺を狙った遊撃手・周東が一塁へ悪送球。この間に1点を返され、2死二塁となって西川を迎えるところでベンチは嘉弥真を投入した。

 ところが嘉弥真は四球で降板し、代わった椎野も杉谷への四球で満塁。近藤の2点適時打で追いつかれ、なおも一、三塁から、このカード無安打だった中田に勝ち越し3ランを浴びた。

 直後に無死から、今宮が代わった公文からソロを放ち2点差。なおも1死一、三塁でベンチは代打川島を送り込んだが、代わった玉井に対して投直に倒れ、一塁走者も戻れず併殺。8回の宮西、9回の秋吉を捕まえられなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ