荒尾がS攻勢で準決完勝 ダイヤモンドR 【飯塚】

西日本スポーツ

 ナイターで行う飯塚オートのフタバ設計杯G1「第63回ダイヤモンドレース」は25日、準決4個レースを行った。準決9Rは篠原睦、鐘ケ江将平が立て続けにF失権。田中茂が1着で突破した。同10Rは機力好調な佐々木啓が、早めに先頭に立った有吉辰也をかわして快勝。同11Rは荒尾聡が猛烈S攻勢から序盤で先頭を奪う速攻劇で完勝した。前田淳はF失権。同12Rは久門徹が速攻で制した。最終日12R優勝戦は、地元エース荒尾が速攻を決める。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング