打撃好調ソフトバンク今宮「体が勝手に反応」3試合連続複数安打

西日本新聞

 ◆ソフトバンク-日本ハム(26日、ペイペイドーム)

 今季初めて1番に座ったソフトバンク・今宮が3試合連続の複数安打をマークした。

 初回に遊ゴロで激走を見せて内野安打。2死後に中村晃の左前適時打で先制のホームを踏むなどリードオフマンの役割を果たした。1-1の同点で迎えた2回1死二、三塁では、左腕河野が投じた低め変化球を捉えて左翼線への2点二塁打。「体が勝手に反応して打てたし、勝ち越せてよかったです」などとコメントした。

 今宮は24日の日本ハム戦、25日の同カードで3安打猛打賞を記録するなど打撃好調だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ