ソフトバンク川島と日本ハム杉谷が試合中じゃんけん 実況も吹き出す

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-1日本ハム(26日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク川島と日本ハム杉谷が、塁上で白熱の勝負?を繰り広げた。

 ソフトバンク3点リードの4回1死、内野安打で出塁した川島が二盗を企図。二塁ベースカバーに入った二塁手・杉谷がタッチし、際どいタイミングで判定はアウトとなった。

 すかさずソフトバンク工藤監督がリクエスト。リプレー検証中に川島と杉谷が突然“最初はグー”と、じゃんけんを始めた。川島がチョキ、杉谷がパーで、川島の勝ち。中継映像はこの瞬間もスロー再生して“リプレー検証”するなど反応した。右拳を突き上げて喜ぶ川島の姿に、実況も「今、一応じゃんけんでは川島、勝ちましたね」と吹き出した。

 もっとも判定は覆らずリクエスト失敗で、川島は苦笑いでベンチへ。杉谷はドヤ顔で野手陣とアウトカウントを確認していたが、この回、ソフトバンクはここから今宮の四球と周東の適時三塁打で1点を加えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ