西武ギャレット出た160キロ、でも自己最速ではない

西日本スポーツ

 ◆西武4-2ロッテ(26日、メットライフドーム)

 西武の新外国人ギャレットが2点リードの8回に登板し、1イニングを無安打無失点。2人目の打者・清田を空振り三振に仕留めた3球目で、来日最速の160キロをマークした。

 日本プロ野球で160キロ以上は15人目。同僚・平良に続く球団最速タイだが、メットライフドームでは開場以来初の大台だ。防御率0・59とした新助っ人は試合後、球団広報を通じ、以下のコメントを発表した。

 「過去に101マイル(約162・5キロ)を出したことがあるから自己最速ではないかな。でも今日は状態が良かった。だからスピードを出していこうと。(160キロは)全力でスピードを出しにいった結果かな。160キロの球は結果的にボール球だったけれど、相手打者が振ってくれて良かったよ」

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング