ソフトバンク二保「投げきらないと」3連勝も猛省

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-1日本ハム(26日、ペイペイドーム)

 先発二保は3勝目にも猛省した。

 1点の援護をもらった直後の2回、2安打に四球も絡んで同点に。6回には先頭の中田を歩かせると、続く大田に左前打を浴び、無死一、二塁のピンチを招いて降板した。「先制してもらって、すぐに追い付かれてしまった。6回も任せてもらったからには投げ切らないといけない。野手の方、中継ぎ陣に感謝です」。5回0/3、被安打6、1失点で自身は登板3連勝。ナインへの感謝を忘れなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ