小久保裕紀氏が語る「城島、井口にあって自分になかったもの」チャンス生かす考え方

西日本スポーツ 久保 安秀

【鷹番は見た】

 工藤ホークスに勢いが出てきた。好調な柳田や中村晃といった主軸の存在はもちろん、栗原をはじめとした新たなスター候補たちが誕生しているのも大きい。勝って当然というチームになって久しいが、その「勝利の文化」を築くため、当時の王貞治監督(現球団会長)や多くのOBが努力を重ねた。その中でもチームの意識を変えたレジェンドが小久保裕紀氏(48)だ。

 プライベートでのゴルフだった。小久保氏と私が外した短いバーディーパットをきっかけ?にして「いかにチャンスで結果を残すか」という話題になった。会話を続けるうち、担当していた当時、彼に感じていたことを伝えた。「若い頃はチャンスに弱かった印象があったが、それが徐々に逆になった。特に巨人時代、ホークスに戻ってからは勝負強さを感じた」

 そんな失礼な言葉に小久保氏は笑いながら、答えた。「若い頃は、その試合で4打席凡退していて、そこからサヨナラ(勝ち)のチャンスに打席が回ってきそうになったら、自分のところには『回ってくるな、くるな』って心の中で思っていた。ところが、同じ状況で城島や井口は、逆に『自分に回ってこい、俺に回せ』って考える。チャンスに強いやつは、そういう思考になる。あの頃、自分はそう思えなかった」

 大事なのはここからだ。「だから自分で鍛えた。そう思えるように」。自分の胸の内に潜む弱気の虫を自覚。見て見ぬふりをするのではなく、弱さを認めて自分を変えるチャレンジを選んだ。積み上げた結果を含め、彼が極めて非凡で、いかに素晴らしい選手だったかが分かる。

 そこには二つのアプローチがあった。一つは練習で身に付く「自信」。つかんだ技術は裏切らない。彼が誰よりも練習に打ち込んだのは有名な話だ。

 もう一つは心の強化。メンタルトレーナーと契約してチャンスやピンチでの精神的な強さ、自分の力を発揮できるメンタリティーを磨いていった。徐々に小久保はチャンスに強い打者へと変貌していく。

 しばらくして、釣り船の上で、城島氏とその話題になった。「現役時代に小久保さんとその話をしたよ。『先輩、バッターは一球で失敗を取り返せる。5打席目は、そのチャンスじゃないですか』って言った記憶がある。小久保さん、メンタルトレーナーを付けてたんでしょ。自分で気持ちの弱さを克服した。メンタルは鍛えられるってことですよね」

 城島氏はさらに続けた。「ピッチャーは一球で、全てを失う。例えば、1-0の9回2死まで完封ペースで好投していても、四球を出してホームランを打たれたら、負け投手になる。でもバッターは逆。チャンスで凡退したり、併殺になったり、4打席目まで無安打でも、最後の最後で逆転打を打てば、前の凡退はなかったことになる。新聞の記事は特にね。どれだけ途中が駄目でも、最後に大事なチャンスで打てば、ちゃらでしょ」

 小久保氏が「自分にはなかったものがある」と言った2人は、海を渡りメジャーリーガーになった。日米通算2000安打をクリアした井口氏は今やロッテの監督だ。城島氏は球団会長付特別アドバイザーとしてホークスに戻ってきた。これからの球団を支える存在だ。

 一方、小久保氏は、身に付けた心の強さと技術で通算400本塁打、同2000安打に到達し、球史に名を刻んだ。しかも、42歳で侍ジャパンの監督に就き、2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦っている。

 それぞれが挑戦を続け、理想とする選手へと近づいた。それこそが弱小球団を常勝へと変えたエネルギーだったろう。担当した当時、王監督はもちろん、ホークスには素晴らしい選手が多くそろっていた。彼らが持っていたのは能力の高さだけではない。個性的で人を引きつける魅力にあふれていた。変革期に誕生した「奇跡」のように思えてくる。 (久保安秀)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ