ソフトバンク千賀、秘策は「タイマン勝負」強力西武打線の中軸制圧

西日本スポーツ 山田 孝人

 福岡ソフトバンクの千賀滉大投手(27)が27日、西武の中軸との「タイマン勝負」で勝利を導くことを誓った。リーグ2連覇中で現在3位の強敵と28日から本拠地6連戦。その初戦を託されたエースは「中軸と一対一の勝負ができるような環境をつくることが大事」と勝利の鍵を挙げた。

 千賀が2軍調整中だった6月23日からの敵地6連戦は4番山川に5本塁打を浴び、2勝4敗と負け越した。森ヘッドコーチが「(初戦で)勝つと負けるでは大きく違う。打っているやつを最初にどう抑えるか」と話すように、初戦の勝敗は同一カード6連戦の行方を大きく左右する。

 西武はベテランの中村と栗山も好調をキープ。だからこそ「(秋山)翔吾さんがいなくなっても新しい人が出てきている」とリードオフマンに定着しつつある鈴木も警戒。中軸封じに集中するためにも、走者を背負った形での対戦はできる限り避けるつもりだ。

 前回登板した21日の日本ハム戦は7回途中2失点と試合をつくったが、援護に恵まれずに今季初黒星。チームも6連戦を3勝3敗と勢いに乗れなかった。27日はペイペイドームでの投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整。先陣を担う右腕は「週の頭にふさわしい投球をしたい」と力を込めた。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ