ソフトバンクホークス従業員が陽性、チームや入場者と接触機会なし…チームスケジュールに影響なし

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクホークスは28日、60代の男性従業員が新型コロナウイルス陽性と判定されたと発表した。球団によると、従業員はペイペイドームのオフィスや2軍施設のタマホームスタジアム筑後で働いているが、施設入場者やチームと接触する機会はないため、チームスケジュールに影響はないという。

 従業員の妻が25日に体調不良によりPCR検査を受け、26日に陽性判定されたため、従業員は濃厚接触者としてPCR検査を行い、27日に陽性判定された。発熱や味覚障害などの症状はなく、保健所の指示により自宅待機している。

 従業員の直近(23日)の就業先であったタマホームスタジアム筑後では、業務していたエリアを中心に消毒作業を完了。保健所から濃厚接触者と判断された人はいないという。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ