Vリーグ久光の戸江主将と岩坂ら「新たな歴史を刻みたい」鳥栖市役所を訪問

西日本スポーツ 荒木 達也

 バレーボールVリーグの女子1部、久光スプリングスの酒井新悟監督と主将の戸江真奈、岩坂名奈が28日、佐賀県鳥栖市役所を訪問し、橋本康志市長に今季の活躍を誓った。

 チームは同日から8月14日まで佐賀市内で合宿。新型コロナウイルス感染防止のため合宿の公開やバレー教室は見送り、会員制交流サイト(SNS)で情報発信する。10月17日にSAGAサンライズパーク総合体育館でデンソーエアリービーズと今季初戦を戦う。

 チーム運営会社「SAGA久光スプリングス」の発足や、総合7位だった前シーズンを踏まえ、酒井監督は「悔しい思いをたくさんしたが、会社もチームも新しくなった。チームを強化し、新たな歴史を刻みたい」と述べた。

 7月1日に主将に就任した戸江は「いろんな人の助けを借りながら良いチームをつくっていきたい」とし、チーム12年目の岩坂は「これまでの経験を若い人に伝えながら一緒に頑張っていきたい」と語った。(荒木達也)

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング