サブマリンの術中にはまった若き左打者 4回の攻撃が全てだったソフトバンク/柴原洋

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-6西武(30日、ペイペイドーム)

 結果的に1点も奪えなかったソフトバンクは4回が全てだった。柳田、中村晃の連打で好機を築くも後続が凡退。あそこで与座から1点でも取れていれば直前を0点に抑えていた板東の後押しになり、展開も変わっていただろう。だからこそ初球で凡退した栗原、上林はもったいなかった。

 左打者は下手投げに対し逆方向狙いが基本だ。私の現役時代、ロッテの渡辺俊介と対戦する時はポイントを近くして常にレフトへ打つ気持ちでいた。シュートやシンカーを引っ掛けさせようとする相手に対し、狙いを絞らなければ術中にはまってしまうからだ。

 あの場面、栗原、上林はいずれも引っ掛けさせられたようなゴロ。対戦が限られるタイプだけに甘い球を積極的にいく気持ちは分かるが、もう少し細かく絞っていってもよかった。いい意味でゾーンの中で荒れていた与座を助ける形にもなってしまった。

 板東は一つ一つの球は素晴らしかった。せっかく豊富な球種があるのに勝負球が甘くなったのが残念。初回の森、山川に打たれて乗り切れなかったのもあるだろう。目覚めさせた打線を31日の東浜がどう抑えるか。6連戦の後半、ずるずるいかないためにも大きな意味を持つ試合になる。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ