連勝止まった西武ニールに辻監督「駄目でしょう」目算崩れた6回の失点

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆ソフトバンク5-4西武(31日、ペイペイドーム)

 ついに止まった。昨年6月20日の中日戦(ナゴヤドーム)から積み重ねた13連勝。球団の外国人記録に肩を並べたニールのシーズンをまたいでの連勝が途切れた。6回5失点。22試合、昨年4月9日の楽天戦以来479日ぶりの黒星を喫した。

 「連勝が止まって、振り返って思うのはそれだけできたのは誇らしいことだと思う。ただ、今日に関しても打線は援護してくれた。勝てるチャンスのあるゲームを落としてしまったのは、すごく申し訳ない気持ち」

 3点の援護をもらった直後に急変した。四球を挟んだ5連打を浴び、一挙4失点で逆転を許した。「コントロールミスをしっかり捉えられて、相手打者が上だった」。そこから踏ん張ったが、味方が追い付いた直後の6回2死から明石に決勝ソロを浴びた。「真っすぐでチャレンジしていったが、少し高めにいってしまった」と振り返った。

 来日1年目の昨季は11連勝でV2に大きく貢献した。今季は開幕投手も託され、エース級と投げ合いながらも登板する金曜日はチームも無敗を続けていた。ついに陥落。辻監督は「駄目でしょう。あれだけ逆球ばかりでは」と手厳しい。6回を抑えれば、勝ちパターンを投入する目算も崩れた。

 前日の快勝から一転し、ニールの不敗神話が崩れ、再び勝率5割に逆戻り。V3に挑む獅子軍団は何とも波に乗りきれない。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング