5年前のリベンジ果たせなかった宮崎学園 監督はエースねぎらう

西日本スポーツ

 全国高校野球選手権宮崎大会の代替となる独自大会「宮崎県高校野球大会2020」は1日、宮崎市のひなたサンマリンスタジアム宮崎で決勝があり、宮崎日大が宮崎学園を12-2で破り優勝した。

 

 宮崎学園はリベンジを果たせなかった。5年前の宮崎大会決勝で0-13で屈した宮崎日大に大敗。3回に1点を先行したものの、エース阿部が4回途中4失点で逆転を許すなど投手陣がつかまった。準決勝までチーム打率3割6分を超えていた打線も、相手エースの岩崎を打ちあぐんで2点止まり。崎田監督は「阿部は疲労が蓄積していた。頑張ってここまで投げてくれた」と6試合中5試合に登板したエースをねぎらった。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング