J2長崎の練習拠点「諫早」継続「大村」断念で

西日本スポーツ 山本 敦文

 J2のV・ファーレン長崎の親会社ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)の高田旭人社長は1日、オンラインで記者会見を開き、長崎県大村市に新設する計画を断念した練習拠点について「今の形を継続したい」と述べ、同県諫早市のなごみの里運動公園を使う意向を示した。

 同社は2017年から18年にかけて、クラブが優先使用している諫早市所有の天然芝サッカー場の拡充を市に要望したが、交渉は決裂。練習拠点を誘致する自治体を公募し、大村市が名乗りを上げた経緯がある。

 高田社長は新たな拠点の整備は「断念せざるを得ない」と改めて表明し、再公募の可能性を否定。選択肢はなごみの里公園しかないと言明した。今後、継続使用できるように諫早市と協議する。

 選手の練習環境向上のため、サッカー場の拡充を目指す方針で「こちらからこうしましょうとは言えないが、諫早市が協力していただけるのであれば、踏み込んだ投資を考える」と語った。 (山本敦文)

PR

V・ファーレン長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング