ソフトバンクは予定通り3日に楽天戦へ仙台移動 ファーム施設利用1軍選手・スタッフは陰性

西日本スポーツ

 ソフトバンクの三笠ゼネラルマネジャー(GM)は2日、筑後のファーム施設を利用している1軍選手とスタッフ計7人について先んじてPCR検査を実施し、全員が陰性と判定されたと発表した。

 現時点で1軍監督、コーチ、選手やスタッフについては、ファーム施設の利用者を経由した新型コロナウイルス感染の可能性はないと判断。また2日は残りの全選手らのPCR検査を実施した。

 これを受け、4日から始まる楽天生命パークでの楽天との6連戦に向けて、3日に仙台市へ移動する方針を示した。2日に実施した1軍の検査の結果は、仙台市への移動前に判明する予定とした。

 ソフトバンクでは1日に長谷川が新型コロナウイルス陽性判定されたと発表していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ