福岡高、福岡大大濠高に逆転サヨナラ勝ちで優勝…プロ注目右腕から延長11回に歓喜 高校野球・福岡地区大会

西日本スポーツ

 新型コロナウイルスの影響で中止された全国高校野球選手権福岡大会に代わる「がんばれ福岡2020」福岡地区大会の決勝が3日、福岡市のペイペイドームであり、福岡が福岡大大濠に延長11回タイブレークの末、4-3で逆転サヨナラ勝ちした。

 9回まで0-0の投手戦。10回に1点リードを奪われたが追いつき、福岡大大濠のプロ注目右腕山下に懸命に食い下がった福岡は、2点を勝ち越された延長11回に同点とすると、代打大堂優輝(3年)の犠飛で勝利を決めた。「小学、中学と野球をやってきて自分がサヨナラ勝ちを決めたのは初めて。うれしい」と大堂は声を弾ませた。

 昨夏の福岡大会は3回戦で福岡大大濠と対戦。2点リードで迎えた9回裏に3点を奪われて3-4で逆転サヨナラ負けを喫しており、1年前のリベンジを果たした。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング