試合前発熱の選手は陰性、J1鳥栖社長が会見

西日本スポーツ

 J1サガン鳥栖の竹原稔社長が3日、オンラインで会見し、1日のアウェーFC東京戦の試合前に発熱した選手がいたことについて、当該選手が3日にPCR検査を受けて陰性だったことを明らかにした。FC東京の長谷川健太監督が、試合後の会見で鳥栖に発熱した選手がいたことを明かしていた。

 竹原社長によると、7月30日に全選手がPCR検査を受けて陰性と確認された。チームは同31日に東京に移動。当該選手は宿舎での夕食後、午後9時ごろ38度の発熱を確認した。チームは大事を取って他の選手と隔離。当該選手は試合日の8月1日朝には熱が下がったが、試合の登録メンバーから外れ、2日に佐賀に戻ったという。

 竹原社長は「選手は体調管理に真剣に取り組んでいる。安全な試合開催に向け、努力することを約束する」と説明した。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング