ソフトバンク厳戒モードで練習 ドームは消毒して高校野球へ引き渡し

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは3日、30代の1軍チームスタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。1日にはファームで調整していた長谷川勇也外野手(35)が陽性と判定され、球団はペイペイドームで予定されていた2日の西武戦を中止。3日の同ドームでの全体練習は感染予防に細心の注意を払って行った。1軍はこのチームスタッフ以外の86人が陰性と判定され、チーム本隊は4日からの楽天戦に備えて仙台市に移動した。

 通常月曜日は先発投手陣だけが練習を行うが、2日の西武戦が中止になったために3日は全体練習となった。練習開始前に外野付近で普段以上に大きく距離を取った円陣で、工藤監督が選手らに訓示。「しっかり対策をしても感染をしてしまう可能性はなくせないかもしれないけど、その(感染防止対策の)意識は持っていないといけない。われわれは健康に気を付けながらシーズンを戦い切ることが最優先。明日からの試合、しっかり頑張っていきましょう」と呼び掛けた。

 ウオーミングアップも左翼と右翼の2カ所に分かれて行い、普段は練習後に行われる代表取材もなく、広報を通じて工藤監督と4日の先発千賀のコメントのみが出された。

 また練習後に高校野球独自大会の試合が行われたが、三笠GMは「消毒して引き渡すということだった」と説明した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ