来日10年目で初の8番降格 不振のバレンティンが意地の特大弾

西日本スポーツ

 ◆楽天-ソフトバンク(4日、楽天生命パーク宮城)

 来日10年目で初の8番でスタメン出場したバレンティンが、8号ソロを放った。

 2点リードの2回先頭で弓削の116キロカーブを振り切ると、打球は左中間の最深部に飛び込んだ。

 「今日は打撃練習の時から、自分の感覚も良かったし、平石コーチにも感じが良かったと言われていたので、ゲームでそのまま結果が出てくれて良かった。追加点になってくれて良かったです」

 ヤクルト時代の11年、12年に7番を打った経験はあるものの、打率1割台と苦しみ「下位」で起用された大砲が、7月28日西武戦以来の一発で意地を見せた形だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ