西武今井に辻監督が荒療治 ピンチで中継ぎ起用も…2死から痛恨被弾

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-西武(4日、札幌ドーム)

 西武の今井が中継ぎ登板で痛恨の一発を浴びた。

 開幕ローテの一角として先発してきたが、6試合で2勝3敗、防御率6・25と不調。この試合からブルペン待機し、辻監督は2点ビハインドの6回1死満塁の大ピンチで投入した。

 直球は150キロ超を連発し、気迫の投球。中田の中犠飛で2死一、二塁となったが、続く大田に左越え3ランを許し、6点差まで広がった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング