J2福岡に新たな陽性者なし 8日ホーム甲府戦は予定通り開催へ準備

西日本スポーツ

 J2アビスパ福岡は4日、チーム関係者45人を対象に行った3日のPCR検査の結果、全員が陰性だったと発表した。前寛之主将(25)が新型コロナウイルスに感染したことが3日に判明し、他のチーム関係者が検査を受けていた。

 クラブによると、7月31日にJリーグが実施した公式検査でも、前主将を除く全員の陰性が確認されたという。今後は保健所の指導を受け、雁の巣球技場など練習拠点の消毒や、選手スタッフの体調管理などの感染対策に取り組む。

 8日の本拠地での甲府戦は、予定通りの開催に向けて準備を進める。チームは2日の大宮戦が中止となり、検査のために練習を取りやめるなど調整に影響が出ている。7月15日の磐田戦から4戦で3勝1分けと好調をキープする中、大事な一戦となる。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング