ソフトバンク デスパイネ&グラシアル1軍合流!

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)とジュリスベル・グラシアル内野手(34)が5日、仙台で楽天と戦っている1軍に合流した。

 デスパイネとグラシアルは7月19日に再来日し、20日に福岡市内の自宅に到着していた。2週間の待機期間を経て8月4日から筑後のファーム施設で練習を再開する予定だったが、1日に2軍調整中だった長谷川の新型コロナウイルス感染が判明。5日にもリハビリ組の30代男性チームスタッフが陽性判定を受けており、現在ファームは活動停止となっている。

 2人はキューバ代表として東京五輪米大陸予選に出場するため3月上旬に離日したが、予選は延期となり負傷も抱えていたために母国で調整。その後、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で来日が遅れていた。キューバ出国時と日本入国時にPCR検査を受けて陰性と判定されている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ