ソフトバンク、ペイペイドーム勤務の業務委託者がコロナ陽性 チーム活動は継続

西日本スポーツ

  ソフトバンクは5日、球団の業務委託者が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。

 福岡市在住の30代男性で、主にペイペイドームのオフィスに勤務。チームや来場者と接触する機会はないという。4日に発熱があり、5日も発熱と頭痛症状があって病院で診察を受け、PCR検査の結果、陽性と判定された。

 球団は保健所と日本野球機構(NPB)に報告。今後は保健所の指示を仰ぎながら対応する。なおこの男性は7月26日以降、球団の事業所を訪れておらず、球団内に濃厚接触者はないと判断したという。またチームとの接触のない部門に勤めていたことから、チームは予定通り活動を継続する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ