ソフトバンク1安打完封負け 「松田外し」も涌井のノーノー阻止がやっと…楽天に首位並ばれた

西日本スポーツ

 ◆楽天6-0ソフトバンク(5日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクは9回に楽天・涌井の無安打無得点試合阻止するのがやっと。連敗で楽天に首位に並ばれた。

 打率2割台前半と苦しむ松田宣を昨季CS以来、レギュラーシーズンでは2年ぶりにベンチスタート。1番に三森を起用するなどした打線が涌井に5回までパーフェクトに抑えられた。

 6回1死から高谷が四球を選んで完全試合は阻止。8回にも明石が四球を選んだが、なお無安打。9回に代打松田宣が空振り三振、続く代打川島がバットを折られながらも中前打で快挙を阻止。それでも今宮、柳田が連続三振に倒れ、1安打完封を許した。

 先発・和田は粘りの投球を見せたが5回に3失点。救援陣も流れを引き寄せられなかった。和田は今季初黒星で開幕からの連勝が「3」でストップ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ