ソフトバンクファーム活動再開も7、8日の2軍中日戦中止

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは6日、リハビリ組のチームスタッフが新型コロウイルスのPCR検査などで陽性と判定されたことに関連して、所轄保健所より同スタッフとの濃厚接触者なしと判定されたことを発表した。

 同スタッフと長谷川勇也外野手、長谷川の濃厚接触者と判定された佐藤直樹外野手、柳町達外野手、釜元豪外野手、真砂勇介外野手の4選手以外の監督、コーチ、選手、スタッフは行動制限は不要と判断されたことから、ファームは6日から活動を再開する。ただチームのコンディション調整期間を確保するため、7、8日のウエスタン・リーグ中日戦(タマスタ筑後)は中止が決まった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ