佐賀に国体1年延期を要請 最初の「国スポ」確約に「ホッとした」

西日本スポーツ 北島 剛

 新型コロナウイルスの影響で延期となった鹿児島県での国民体育大会と全国障害者スポーツ大会を巡り、日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長らが6日、2023年の開催が内定している佐賀県の山口祥義知事と会談した。

 伊藤会長は23年に鹿児島、24年に佐賀で開催することで調整する考えを示した。佐賀が延期に応じる場合、国体の「国民スポーツ大会」(国スポ)への名称変更を24年に遅らせることを確約した。

 佐賀県庁での会談で、伊藤会長は「日本全体で痛みを分かち合い、力を合わせて乗り切りたい」と協力を要請。同県がこだわる最初の国スポ開催について「法改正は必要ないと考えている」と述べた。

 山口知事は「(最初の国スポが堅持され)ほっとした。24年にずらすことで県内調整したい」と述べ、23年大会を照準に育成してきた選手を引き続きサポートしていく方針を示した。

 日本スポーツ協会やスポーツ庁は今後、24年の開催が内定している滋賀県など後続の開催予定県とも調整する。(北島剛)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング