ソフトバンク首位を死守!「魔の木曜日」久々勝利 大胆打線と執念継投、イケメン板東プロ初白星

西日本スポーツ

 ◆楽天1-3ソフトバンク(6日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクが3連敗を阻止。同率で並ばれていた楽天に首位を譲らず、再び単独首位に立った。

 1番松田宣、2番バレンティンと不調の2人をあえて上位で起用する大胆オーダー。初回は3者凡退だったが、1点を追う3回に松田宣が高く弾んだ内野安打でチャンスを広げ、柳田の適時打で追いついた。

 4回には明石の適時打、甲斐のセーフティースクイズで2点を勝ち越し。復帰戦の楽天松井は5回3失点で降板した。

 投手陣は先発笠谷が2回1失点で降板した後、小刻みな継投。板東が3イニングを投げ、6回は高橋礼、7回は嘉弥真と泉。8回モイネロ、9回森で逃げ切った。2回以降は8イニング無失点を続けた。

 木曜日は5連敗中と鬼門だったが、これで6週間ぶりの勝利。2年目の板東がプロ初白星を手にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ