ソフトバンク板東がトルネード投法に変えた理由 “魔改造”久保コーチが伝えたこと

西日本スポーツ 長浜 幸治

 ◆楽天1-3ソフトバンク(6日、楽天生命パーク宮城)

 負ければ首位陥落の首位攻防第3ラウンドの救世主は2年目のイケメン右腕だった。2番手の板東湧梧投手(24)が3回からの3イニングを1安打無失点。待望のプロ初勝利を挙げた。今季最多と並ぶ7人の投手をつぎ込み、打線も松田宣、バレンティンを1番と2番に据える「奇策オーダー」。執念の采配で5連敗中と鬼門だった木曜日に勝利。昨年から続いていた楽天生命パーク宮城での連敗を4で止め、同率で首位に並ばれていた楽天を再び1ゲーム引き離した。

■2番手3回から

 杜(もり)の都のカクテル光線に板東の甘いマスクが映えた。2番手でマウンドに上がり、3イニング目の5回。1死一塁と一発出れば同点の場面で迎えたのは、本塁打、打点の2部門でリーグトップを走る浅村だった。「とにかく長打だけは打たれないように。ひっかけてくれればと思って投げたら狙い通りにいった」。カットボールで注文通りの二ゴロ併殺に仕留めると、右手でグラブをぽんとたたいて端正な顔を少し緩めた。

 負ければ首位陥落というチームの危機を救う快投だった。同点の3回に登板すると、わずか7球で三者凡退。リズムのいい投球に打線も応え、直後に2点を勝ち越した。3回無失点で念願のプロ初勝利。工藤監督も「低めに集めて何とかしようという気持ちは出ていた。よく投げてくれたと思う。初勝利もおめでとうございます」とねぎらった。

 ジャニーズグループ「KAT-TUN」の中丸雄一似と言われたことがあるイケメンが「男前」をやめた。コロナ禍でチーム活動が一時休止した3月末からの約1カ月半で体重を5キロ増やした。球威増を狙ったものだったが、思うような球がいかなかった。すがるような思いで相談した相手は久保2軍投手コーチだった。

■久保コーチ直伝

 「顔だけじゃなくて、投球フォームも男前。俺も“元男前”だからよく分かるんだよ」。久保コーチは笑いながら真意を説明してくれた。「きれいなだけのフォームはバッターに嫌な印象を与えられない」。久保コーチが板東にヒントになればと映像を送った。トルネード投法で一時代を築いた野茂、巨人や米メジャーで活躍した上原、メジャーで2度のサイ・ヤング賞に輝いた右腕リンスカムなどだった。

 トルネード気味の新フォームを披露する機会はさっそく訪れた。5月中旬の1軍シート打撃だ。ブルペンでたった1度試しただけだったが、力強さを増した投球が首脳陣の目に留まった。「突貫工事」が成功したかのように見えるが、久保コーチは首を横に振る。「一生懸命練習を積み重ねている人には、ある日“エジソン”が降りてくる。つまり一種のひらめき。それをつかんでしまえば大丈夫なんだ」。昨年は同期の支配下投手で唯一1軍登板がなかった中でも、黙々と汗を流し続けてきた24歳だからこそ、「エジソン」をつかむことができた。

 「ふがいない1年目だった。今年こそ取り返そうと思ってやってきた。まずは1勝できてうれしい」。苦しんだ分だけ、その笑顔の輝きは増していた。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ