NPB、感染発生時の開催判断手順を再検討 ソフトバンクの事例踏まえ

西日本スポーツ

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)と12球団は7日、オンラインで臨時の実行委員会を開き、選手に新型コロナウイルス感染者が出た場合の試合開催判断の流れについて協議した。

 福岡ソフトバンクで1日、2軍調整中だった長谷川の感染が判明。開幕後、選手では初めてで、2軍施設利用者を介して感染が広がった可能性を考慮し、翌2日の1軍西武戦(ペイペイドーム)は中止となっていた。

 NPBの井原敦事務局長は「市中感染の拡大で、試合挙行を判断する時に今まで考えていたフロー(工程)だと合わないところも出てきた」と説明。「以前の想定では(陽性判定から)短い時間で判断しないといけなくなるイメージまで持っていなかったのが正直なところ。実際にホークスの案件があって、現実問題として認識した」と続けた。

 一方、感染拡大で保健所の検査件数の増加もあり、濃厚接触者の認定には時間を要する状況で「最終的には保健所の認定だが、待っているわけにはいかない。どうやって直近の試合を挙行(判断)するか、少し整理して考えていこうというのが今日の議論」と話した。

 事務局が作成した原案を各球団が持ち帰って検討し、11日の実行委員会で再度、協議する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ