ソフトバンク痛恨の逆転負け…再び首位に並ばれた 楽天ロメロ2イニング連発で5打点

西日本スポーツ

 ◆楽天7-4ソフトバンク(7日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクが手痛い逆転負けを喫し、楽天に再び同率首位に並ばれた。

 初回に1番上林の先頭打者アーチ、柳田のソロで則本昂から幸先よく2点を先制。3回にも中村晃が適時二塁打を放ち、3点をリードした。

 援護を背に快調に飛ばした先発・東浜だったが6回無死、ロメロに2ランを許し1点差。7回に小深田の2点三塁打で逆転され、降板となった。代わった嘉弥真は鈴木大への死球で降板。さらに代わった高橋礼がロメロに2イニング連発となる3ラン被弾。この回一挙5点で試合を決められた。

 9回には上林の適時打でブセニッツから1点を奪ったものの、そこまで。序盤から一転の展開となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ