牙を抜かれた獅子、新打線も不発…スパンジェンバーグは三振ワースト怪走

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆日本ハム3-2西武(7日、札幌ドーム)

 圧倒的な打力でリーグ2連覇を果たした“獅子脅し打線”の牙が抜けている。9回に押し出し四球などで2点を返し、零封負けを免れたのが精いっぱい。3安打と元気がない。辻監督は「(9回は)おまけ、おまけ。完敗です」と潔く認めた。

 2番に源田を戻す打線の基本形に戻し、不振の森を7番に配した。そんな打線も、先発杉浦の前にさっぱり。7回まで1安打に抑え込まれ、3四球でもらった7回2死満塁のチャンスも、木村の代打メヒアが空振り三振に倒れた。指揮官も「甘い所にこなかった。いいピッチングをされた」と脱帽した。

 1点差に迫った9回2死満塁ではスパンジェンバーグが空振り三振。新助っ人はこの日の4Kを加え、60三振とリーグワーストを“独走”する。それでも秋山(レッズ)の抜けた1番に置かざるを得ないのが現状だ。辻監督は「1番を打てる選手がいっぱいいるチームじゃない。1番はそれだけ難しい」と嘆いた。

 連敗で今季ワーストの借金3。打線の奮起なくしては巻き返しもない。辻監督は「調子は悪くない。練習でもいい感じになってきている」。その言葉を信じ、爆発を期待するしかない。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング