急きょ中止で中12日 ソフトバンク二保「慎重につかんでいくしか」

西日本スポーツ

 8日の楽天戦で約2週間ぶりの先発マウンドに上がるソフトバンク二保が、立ち上がりを勝利の鍵に挙げた。

 チーム内で新型コロナウイルスの陽性判定者が出た影響で、前回登板予定だった2日の西武戦は急きょ中止に。今回は7月26日の日本ハム戦以来中12日での先発だが、ブルペンでの球数を増やすなどして対応し、問題はないという。「実戦感覚を慎重に試合の中でつかんでいくしかない。早めにつかめれば、リズムに乗っていける」と登板を見据えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ