大けが乗り越え代表復帰 バレー長岡、延期決定時の東京五輪は「応援者の立場だった」

西日本スポーツ

 バレーボール女子日本代表の長岡望悠(久光)が8日、オンライン取材に応じ、近況を語った。

 左膝の故障を乗り越え7月に代表へ追加招集されたばかり。3月に東京五輪の1年延期が決まった時の心境を「自分の膝がどこまでバレーをできる膝か分からない状況だった。応援者の立場で捉えていた」などと明かした。

 長岡は2017年に左膝前十字靱帯(じんたい)断裂の大けがを負い、復帰後の18年に再び同じ箇所を故障。特に2度目の手術後はリハビリのペースが上がらず、苦しい日々が続いた。

 今年に入り「もう少しバレーボールをやりたいという気持ちに気付くことができた」と語るものの、そのころ東京五輪は遠い存在。延期が決まった時点では「応援者」の立場でしかなかった。代表に復帰するなど状況が変わった今も「そのときより(心境の)変化はしているが、先の状況が分からない」と模索中だ。

 高い身体能力を持つサウスポーで、本調子であれば日本の得点源となる存在。中田久美監督も「調子が上がっていけば戦力になると考えている」と明かす。今月2日にリモート配信された紅白戦では、途中出場で力強いスパイクやサーブを披露した。

 長岡自身は現在の調子について「イメージの中でいうと5割にやっときたかなという段階」と語る。「自分自身は膝と付き合いながらパフォーマンスを上げることが大事」と冷静に一歩ずつ階段を上がっていくつもりだ。(伊藤瀬里加)

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング