西武松本“魔の初回”乗り越えた 4戦ぶり「0」発進

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-西武(8日、札幌ドーム)

 西武の松本が「魔の初回」を無失点で乗り切った。

 味方が初回に1点を先制。その裏のマウンドに上がると、リズム良く先頭の西川、杉谷といきなり連続三振を奪った。その後近藤の中前打、中田への四球でピンチを招いたが、大田を中飛に打ち取った。

 7月11日のロッテ戦(ZOZOマリン)から先発した3試合連続で初回に複数失点していた。「立ち上がりが課題。しっかり始めから腕を振って強いボールを投げられるように意識してきた。ブルペンでは思い切って自分のボールを投げられているけど、試合に入ると丁寧にストライクを投げようとしていた。立ち上がりを大事にと意識してしまうと、思いっきりの良さが丁寧さに変わってしまう」と自ら挙げていた改善点を実践しての“ゼロ発進”となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング