西武山川が右足首負傷もプレー続行、辻監督「本人が大丈夫だと強く言い張った」

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-1西武(9日、札幌ドーム)

 西武の山川が右足首を痛めて途中交代した。初回、空振り三振をした際にバランスを崩した。トレーナーらに両脇を抱えられベンチに戻ったが、その後もプレーを続行。9回に代打を送られた。

 辻監督は「守るのは大丈夫だったけど、土が硬いので(足首が)回らなかった。引っかかったような感じ。最後は無理をさせたくなかった。(負傷時に)代えようと思ったけど、本人が大丈夫だと強く言い張ったので」と説明した。

 アイシングを施し、病院には行かない予定。次戦の出場は当日の様子を見て決める。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング