西武辻監督、就任4年目でワースト借金5…救世主候補の内海は2軍戦で好投

西日本スポーツ 小畑 大悟

◆日本ハム2-1西武(9日、札幌ドーム)

 あと1点が遠い。最後の望みをかけた9回。2番源田からの好打順もあっさりと3人で退けられた。3試合連続1点差負けで今季最長4連敗。就任4年目で借金がワーストの5に膨らんだ辻監督は「1点差だから。悔しいのは悔しい。なかなかいい投手は打てない」。自慢の打線が毎回の12三振で1得点とふるわなかった。

 初回に外崎の2号ソロで幸先よく先制。ただ、すぐに先発の本田が追いつかれ、3回に勝ち越された。バーヘイゲンの攻略に苦しみ、三振ゲッツーや相手の好守で攻撃が断たれた。2安打と気を吐いた主将の源田は「我慢するしかない。僕自身も結構足を引っ張っている。何とかプレーで貢献できるように頑張りたい」と悲愴(ひそう)感が漂う。

 貯金2で臨んだ福岡、札幌と続く2週間の長期遠征でまさかの2勝9敗と大きく負け越した。ようやく本拠地に戻るが、「地の利」があまり期待できない。指揮官は「福岡と札幌の涼しいドームでやって、(所沢は)すごく暑いらしいから。まだ暑いところを経験していないから心配だよ」と表情を曇らせた。

 どん底の状態だからこそ救世主がほしい。先発陣は8戦連続白星なし。この日の2軍戦ではベテラン内海が6回1失点と好投した。ノリン、榎田、浜屋と左腕が結果を残しており、先発ローテの再編も検討されるとみられる。今こそ真のチーム力が試される。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング