ソフトバンクの名コンビ、笠谷→板東の継投で2試合計12イニング1失点

西日本スポーツ

 ◆楽天-ソフトバンク(9日、楽天生命パーク宮城)

 6日の楽天戦でプロ初勝利を挙げたソフトバンクの板東が4回無失点の好投を見せた。

 「オープナー」として6日の同カードから中2日で先発し3回無失点と好投した笠谷の後を受けて、4回から2番手で登板。この回はロメロ、浅村、島内のクリーンアップを3人で仕留めた。

 5回こそ2本の内野安打などで無死一、三塁のピンチを迎えたが後続をきっちり封じて、6、7回も危なげなかった。

 先発笠谷→2番手板東の継投は6日の同カードと同じ。同日は笠谷が2回1失点、板東が3回無失点と好投しており、前回と合わせて2人で計12イニング1失点と大きな存在感を示している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ