ソフトバンク同率首位、イケてる若手リレーに柳田の豪快弾

西日本スポーツ

 ◆楽天0-5ソフトバンク(9日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクの「オープナー」として中2日で今カード2度目の先発マウンドに上がった笠谷が役割を全うした。初回こそ2死からロメロに死球、続く浅村にはストレートの四球で一、二塁のピンチを招いたが、島内をスライダーで空振り三振に仕留めて脱した。

 2回は渡辺佳と足立からの連続三振を含む三者凡退。3回も3人で片付けるなど、3回を無安打無失点と好投し、2番手の板東につないだ。前回先発の6日も2回1失点と力投した左腕は「前回より球を低めに集められた。初回は少しもたついてしまったが、結果的に3イニングを0点で抑えることができて良かった」と振り返った。

 2番手の右腕、板東も楽天打線を起こすことなく4回から7回までのロングリリーフで無失点。「テンポよく投げることができた。笠谷が0点でつないでくれたので、自分も0点でという気持ちになった」などとコメントした。

 7月23日以降、6年目の笠谷が先発した3試合で2番手としてマウンドに上がったのはいずれも2年目の板東で、2人で3戦計19回を4失点と好リレーを続けている。板東は3戦11回を無失点。8回に柳田の12号ソロ、9回に甲斐の4号3ランが飛び出すなど2人の好投が打線にリズムを生み、板東はプロ初勝利から登板2試合連続で白星を挙げた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ