米国でパの試合が見られる スポーツ総合チャンネルと契約

西日本スポーツ

 パ・リーグ6球団の共同事業会社パシフィックリーグマーケティング(PLM)は10日、米国スポーツ総合チャンネル「For the Fans」(FTF)と米国内で2020年のパ・リーグ主催放送試合放送の契約に合意した、と発表した。

 PLMは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、新たな層の拡大を目指しており、FTFとの契約に至ったという。米国でパ・リーグの試合が見られるのは初めてで、クライマックスシリーズを除く今シーズンの残り約200試合のライブ放送を予定している。

 パ・リーグで活躍する米国出身の選手も歓迎しており、西武のギャレットは「米国でパ・リーグの試合が見られるようになると聞いて、とてもうれしい。リリーフとして、チームのピンチを救う姿を家族や友人に見てもらえるように頑張りたい」とコメントした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ