ソフトバンク大竹今季初の1軍合流 ウエスタン防御率トップ「やったこと出す」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの大竹が投手練習に参加し、今季初めて1軍に合流した。

 チーム内で新型コロナウイルスの陽性判定者が出た影響で4日間自宅待機となったが、ベランダでシャドーをするなどし対応。9日のウエスタン・中日戦では2回無失点と影響を感じさせない投球を見せた。ウエスタンでは7試合で防御率1・98。リーグ1位の安定感を披露してきた左腕は「結果だけ見ればいいかもしれないが、課題が出てクリアをしての繰り返し。やってきたことを出すだけ」と意気込む。

 現状では13日のオリックス戦での先発が有力。森ヘッドコーチは「監督や投手コーチと相談しながら」と状態を見極めながら近く最終判断する方針を示した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ