九州の高校生は捕手に逸材ぞろい プロ注目選手リスト

西日本スポーツ

 九州の高校生選手でプロ野球志望届を提出しているのは、最速146キロを誇る宮崎・都城東の有馬太玖登、同・日向学院の注目捕手、曽我幸大ら11人(7日現在。日本高野連発表)。それ以外にも注目株がいる。

 投手では福岡大大濠の山下舜平大(しゅんぺいた)は最速153キロを誇る。甲子園交流試合に出場した大分商の川瀬堅斗も最速148キロをマークした。同じく甲子園交流試合に出場する鹿児島城西の八方悠介、前野将輝も注目の右腕だ。

 今年の特徴は捕手に逸材が多いこと。佐賀・唐津商の坂本勇人、福岡第一の岸本暖、福岡工大城東の誉田貴之もチームを攻守で引っ張った好選手だ。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング