ソフトバンク柳田が本塁打リーグトップに並ぶ2発 オリ山本から13号、曲芸スイングの逆転14号 首位守る

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-7オリックス(11日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが主砲柳田の1試合2発の活躍などで打ち合いを制して逆転勝ち。2連勝で楽天と並ぶ首位をキープした。

 柳田は「2番中堅」で先発し、3点リードの2回にオリックス先発の山本の152キロ直球を中堅テラス席に運ぶ13号2ラン。「追い込まれていたので、何とかバットに当てることを考えた。甘くきた球を仕留められた」。今季2番でのスタメンは4試合目で、うち3試合で本塁打をマークしている好相性の打順で豪快なアーチを架けた。

 5回にはエース千賀がT-岡田の逆転満塁本塁打などで一挙6失点したが、6回に柳田が一振りで試合をひっくり返した。川瀬と松田宣の連続四球でつくった2死一、二塁。ここで送り込まれた3番手斎藤の外角スライダーを体勢を崩されながら捉えて、右手一本で振り切った。リーグトップに並ぶ逆転の14号3ランが右翼テラス席に飛び込んだ。

 スイングの際にヘルメットが脱げたため、髪をなびかせながらダイヤモンドを一周。ホームイン後には5回に一挙6失点の一因となる2失策を犯していた後輩の川瀬の頭を笑顔でポンポン。「川瀬が塁に出てチャンスをつくってくれたので、打席が回って来た時に絶対かえしてやろうと思いました。芯に当たってくれたし、最高の結果になってくれて良かったです」と振り返った。

 7回以降は救援陣がオリックスの反撃を1点に抑えて逃げ切った。山本とのエース対決となった千賀は6回6失点(自責0)で今季4勝目をマーク。9回を締めた森は今季11セーブ目を挙げた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ