明豊の2年生左腕は兄が巨人投手 甲子園デビューは「頭が真っ白に」

西日本スポーツ

 ◆高校野球甲子園交流試合 明豊4-2県岐阜商(11日、甲子園)

 明豊の2年生左腕太田が9回に登板。いきなり先頭打者に本塁打を打たれ、ほろ苦い甲子園デビューとなった。相手の強打者、佐々木に139キロの直球を左中間スタンドに運ばれ「頭が真っ白になった」と心境を話す。兄は巨人投手の太田龍。兄からは前日、LINE(ライン)で「堂々といつも通りに投げたら抑えられる」と激励が届いたという。「本塁打を打たれたけど、すごくいい経験ができた。新チームのエースを目指して頑張りたい」と前を向いた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング