121人の大所帯まとめた創成館主将「最後までやり抜いた」一打

西日本スポーツ

 ◆2020年甲子園高校野球交流大会 創成館4-0平田(11日、甲子園)

 創成館主将の上原が8回に右前打を放った。「みんながつないでくれたので自分もつなごうと思った。右方向へ打てて良かった」と狙い通りの安打だった。レギュラーではなかったが121人の部員を束ねてきた。

 夏の大会の中止決定後はチームの士気が下がり「前を向いて最後までやり抜こう」とみんなに呼びかけた。就職希望で野球は高校までと決めている。「勝って終われたという思いと、もっとこのチームでやりたいという思いがあります」と心境は複雑だった。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング