監督コロナ陽性で鳥栖社長おわび「至らない点多かった」 12日ルヴァン杯はコーチ指揮で出場目指す

西日本スポーツ 松田 達也

 J1サガン鳥栖は11日、金明輝監督(39)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。Jクラブの監督で感染者が出たのは初めて。同日、選手ら89人がPCR検査を受けた。選手に感染者は出ておらず、スタッフ3人以外の濃厚接触者もいないため、12日のYBCルヴァン・カップのアウェー広島戦は予定通りの出場を目指している。

 クラブによると、金監督は8日昼、発熱や味覚障害などはなかったが、体調の違和感を抱く中で同日夜のアウェー鹿島戦の指揮を執ったという。オンラインで会見した竹原稔社長は「8日の段階では、監督の中でも体調不良というものではなかった」と釈明した。

 その後、金監督は9日夜に38度の発熱があり、10日朝は平熱だったものの、倦怠(けんたい)感がありながら練習に参加。同日午後に佐賀県内の病院でPCR検査を受けて陽性と確認された。結果として金監督が体調の違和感をJリーグ側に報告せず8日鹿島戦の指揮を執ったことなど、竹原社長は「至らない点が多かったことは認めたい」と反省の言葉を述べた。

 金監督は平熱に戻っており、佐賀県内の病院に入院している。保健所の指導により、スタッフ3人が濃厚接触者と認定され、隔離した上、クラブハウスの消毒を行うなど感染対策に努める方針。PCR検査の結果は12日に判明する予定で、判明後に試合当日に広島に移動する予定。竹原社長は「濃厚接触者は確認されているので、開催はできると思っている」と見解を示した。同日の広島戦は桑原勇斗コーチが指揮を執る見通し。(松田達也)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング