痛恨2失策、頭ぽんぽんされたソフトバンク川瀬「絶対つなぎたかった」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-7オリックス(11日、ペイペイドーム)

 5年目の川瀬が1イニング2失策を猛省した。

 「8番二塁」で今季3度目のスタメン出場したが、5回先頭安達の処理を誤ると、無死一、二塁から併殺を狙った遊撃周東の送球を捕球できず。この回、6失点のきっかけをつくり「自分のミスで千賀さんにもチームにも迷惑をかけてしまった」。6回の打席では柳田の逆転3ランを呼び込む四球を選び「絶対出塁してつなぎたかったし、柳田さんが打ってくれて、チームが勝ってくれて良かった」と安堵(あんど)。前日10日の甲子園高校野球交流大会で大分商高3年の実弟堅斗の力投に刺激を受けていただけに、意地を見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ