鳥栖でJリーグ初のクラスターか、新たに複数人が陽性 12日ルヴァン杯広島戦は中止

西日本スポーツ

 Jリーグは12日、午後7時からエディオンスタジアム広島(広島市)で予定していたYBCルヴァン・カップの1次リーグ第3節、広島-鳥栖戦を中止すると発表した。

 金明輝監督が新型コロナウイルスに感染した鳥栖は11日に選手やスタッフら89人のPCR検査を受けたが、新たに複数名が「陽性」の結果や「陽性の可能性が高い」との診断が出た。このため感染拡大防止のため試合中止を決めたという。具体的な感染者数や名前は明らかにしていないが、金監督を含めて5人以上に達しているもようで、Jリーグでは初のクラスター(感染者集団)が発生したとみられる。検査結果が確定した後、鳥栖、広島の両クラブで合同記者会見を開く。

 鳥栖は11日に金監督のコロナ感染を発表。クラブの説明によると金監督が8日に体調の違和感を覚えながらJ1リーグ鹿島戦の指揮を執り、9日夜に38・0度の熱が出たが、平熱に戻った10日はチームの練習に参加したという。残りの選手、スタッフも11日にPCR検査を受け、陰性と判定されたメンバーだけで12日に広島へ移動する予定にしていた。

 新型コロナウイルス感染者が出た影響でのJリーグの試合中止は、7月26日のJ1広島-名古屋戦、8月2日のJ2大宮-福岡戦に続いて3例目。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング